Alt Text

をみなみな少女の顔に雛愛づる みのる


今年で最後になるかもしれないと聞いて、藤井寺佐藤家のひな祭りにでかけた。 84歳だと言われる雛あるじの話だと今年で36年間続いているそうで、毎年「今年が最後かも…」という思いで続けておられるとのことでした。玄関を入るとまず目に飛び込んでくるのがこの荘厳な雛壇。

 

Alt Text

金屏に四川の山河展けけり みのる


隣の部屋には、いろんな内裏雛が並べられていた。金屏風が素敵でしょう。どこの風景なのかとお尋ねしたら、よくわからないとのことでした。 屏風は元来中国から伝わったといわれていて、屏風絵は古代から近世にかけて、唐絵や日本画でも大和絵、水墨画、文人画などが書かれてきたそうです。

 

Alt Text

部屋中に赤が氾濫雛の宿 みのる


座敷はこんな雰囲気。よう子さんが、共有日記にアップしてくださた写真と同じアングルで撮ってみました。

 

Alt Text

黒檀の床柱ある御殿雛 みのる


これは2階に飾られている御殿雛。正面の欄間にぎっしりと並べられている猪口は、ご主人が趣味で集められたもの。 その数は数千に及んだそうですが、いまは大半を寄贈されたそうです。

  Alt Text

マッチ箱高御座とす豆雛 みのる


見ているだけで楽しくなりますね。

 

Alt Text

七福の神々そろふ豆雛 みのる


お雛様と呼んでいいのかどうかわからないですが…(^o^)

 

Alt Text

貝合はす遊びを伝へ雛飾る みのる


貝合わせ(かいあわせ)は、平安時代から伝わる日本の遊びで、貝殻の色合いや形の美しさ、珍しさを競ったり、その貝を題材にした歌を詠んでその優劣を競い合ったりする貴族たちの遊びであったそうです。

 

Alt Text

美人画を抜けきしやうな女雛かな みのる


美しい有職雛

 

Alt Text

冠纓のゆるびあやうき古雛 みのる


こちらが亨保雛。面長な顔立ちと切れ長の目が特徴です。

 

Alt Text

玄関の下足箱の上に飾られたかわいい下駄と草履。写真だと本物大に見えるかもしれないけれど、ミニチュアです(^o^)

外庭にも楽しいお雛様がいっぱい飾られているのですが、今日は雨で撮れませんでした。来年も開催されるかどうかはわからないですが、もし開催されたら今度はもっと沢山写真を撮りたいです。