Alt Text

ゆくりなき真澄の空や枯木宿 みのる


夜の雨もあがり、今朝はまた抜けるような青空が戻ってきた。

我が家(みのる庵)は、シンボルツリーのアオダモがすっかり葉を落とし、年が明けて芽吹きの三月を迎えるまでは、枯木の宿と化す。

“これから老後の生活になるのに…”

と家族に反対されたけれど、どうしても雑木の庭に改造したくて、定年のご褒美ということで永年の夢が叶った。

春の美しい芽吹きに心洗われ、夏は青葉のグリーンカーテンに涼を授かる。秋は紅葉に目を潤し、落葉掃きは大変だけれど、冬になるとスカスカの裸木になって燦々と冬日を落としてくれる。

毎年繰り返される雑木の四季に心通わせながら、生かされていることを喜び、俳句のある生活に慰められ、励まされして過ごしている。