鰯雲

秋の野に臥せて大空を仰ぐと大宇宙の全てを支配される神の存在と、いと小さき自分との対比をあらためて実感する。

空の鳥や野の花もまた、明日を思い煩うことの愚さを教えてくれる。

私たちが意識してもしなくても、大自然の摂理は全てみ手の中にあり、私たちもまた神さまの哀れみと恵みによって生かされているのである。