端居

端居して一雨ほしき夕べかな みのる


結婚して、子供が産まれて、そしてマイホームを建てた。

高度成長期であったから不安はなかったけれど、教育費や住宅ローンの返済のために働いているようなもの。悪戯に忙しい日々を重ねるだけの人生で満足なんだろうか、 黄昏どきになると何となく心が落ち着かず、虚しさが募ってくる。

自分の存在感って一体何なの? 老後はどうなるのだろう。死後の世界は・・・
次々と不安が襲ってきて気持ちが塞ぐ。

夕端居しながら、そんなふうに悩んだ若かりし頃を回想していた。星野富弘さんのことをテレビで知って、家族で教会へ集うようになった。聖書の神様を信じるようになってからは、生かされている自分を実感しながら、明日への希望を持って夕日を眺めることが出来るようになった。

ふと我に返るとテレビは琵琶湖の水位低下を警告している。