冬芽

粗大ゴミにはなりたくない…と思いつつ、家内が掃除を始めると何となく居心地が悪くなる。

自宅から車で10分ほどの距離に須磨浦公園がある。家に篭っていたのでは俳句が出来ないと勇んで吟行に出たものの冷たい海風が容赦なく吹き付け結局1時間と持たずに異人館風の観光ホテルへエスケープ。あつあつの甘酒をすすりながらようやく一息ついた。窓の外には桜木立があるが、今はすっかり裸木となってその梢越しに須磨の海が展けている。白い三角波が風に立ち騒ぎ、万の白兎が跳んでいるようだ。

ふと気づくと、桜の枝が海風に揺れてこつこつとガラス窓を叩いている。時折雲間から洩れる陽射しに、たくさんの冬芽がほのかな紅色に輝いて美しい。健気なその情景に生命の尊厳を覚えていた。

「ただいま!」元気をもらって無事帰宅。 「おかえり!」と妻。なんだかほっとした。